« 撮影用”アーム”② | トップページ | 撮影用”アーム”③ »

2011年1月 1日 (土)

写真

せっかくカメラ(Canon Power Shot S90:中古)を買ったのでお勉強&研究。そこそこの写真が撮れるようになったはず?
Img_1415

ラジアータのレオナ:1/10の顔アップ。
撮影モード    マニュアル
Tv (シャッター速度)    1/60
Av (絞り数値)    3.2
測光方式    中央部重点平均測光
ISO感度    80
レンズ    6.0 - 22.5 mm
焦点距離    7.5 mm
デジタルズーム    x 2.3
手ブレ補正    切
画像サイズ    1600x1200
画質 (圧縮率)    ファイン
ストロボ    非発光
ホワイトバランス    蛍光灯 H
ホワイトバランス補正    A1, M1
AFモード    SINGLE AF
AF測距モード    マクロ
現像パラメータ    コントラスト  -1
    シャープネス  標準
    色の濃さ      -1
色空間    sRGB
ドライブモード    セルフタイマー撮影

デジタルズーム x 2.3はデジタルテレコンバーター(普通のデジタルズームはズームし切った先のズーム(=寄れない)だが、これは、すべての状態で一定倍率のズームをするもの。)適度な画角を保ったまま、かなりの接写が可能。画質的にも、デジタルズーム=トリミングだとバカにしていたが、かなり使える。

Img_1397
true tearsの比呂美:1/8の全身
Tv (シャッター速度)    1/8
Av (絞り数値)    4.5
ISO感度    80
レンズ    6.0 - 22.5 mm
焦点距離    12.8 mm
デジタルズーム    x 1.4

適正な焦点距離を見つけるために撮った写真。18mm(85mm:35mmフィルム換算)前後が最適。これ以上短くなると端の伸びが気になってくるし(写真は中心から離れれば離れるほど外側に伸びた画になる。)、長くなると立体感のない画になる。

Img_1230
オリジナル:1/8
Tv (シャッター速度)    1/25
Av (絞り数値)    5.0
ISO感度    80
レンズ    6.0 - 22.5 mm
焦点距離    6.0 mm
デジタルズーム    x 1.4

遠近感を強調するため広角、寄り目で撮影。このカメラは絞りを操作できるので、被写界深度(ピントが合う領域)が変更可能で、ぼかして遊べたりする。

|

« 撮影用”アーム”② | トップページ | 撮影用”アーム”③ »

製作記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影用”アーム”② | トップページ | 撮影用”アーム”③ »